■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
定期公演
5月11日()




しとしと雨。

湿気がすごくて、掲示してるポスターがたゆんたゆんしてる。


久しぶりにかみの毛も広がる。







さてそんな本日のじょうはな座は「定期公演」。

東京・愛知・新潟・三重、などなど

様々な地域からお越し頂きまして、ありがとうございました。



ぜひ、お祭にもね。





今日の出演は、大工町さんとじょうはな四葉会さん。

大工町さんには庵唄を、

四葉会さんにはむぎやをご披露頂きます。




P1100175.jpg

P1100179.jpg



曲は、「先囃子(さきばやし)」と庵唄の「草の葉に」

「草の葉に」は、今年大工町さんが曳山祭で演奏された曲ですね。


もともと清元の「夕立」という曲の一節。

女中さんが初めて恋というものに目覚める物語の中で唄われています。


【歌詞】 草の葉に宿りし月も小夜風に 憎やこぼれてはらはらと

      露かしずくか しずくか露か 濡れて色ます野辺のいろ



はっきり言うと、これ濡れ場なのです。

偶然?一夜をともにした方を、最初はいやいやと抵抗していたものの忘れることが出来ず。

↑実はもっと激しい設定

そして恋を知った女性はさらに美しくなるという。


はっきり歌詞にはそう表現されていないものの、その艶っぽい言葉が

情景をふっと思い浮かばせてくれます。

ちょっと恥ずかしいくらいに。



この唄をまた大工町さんが良い声で唄われるんだわ。

たまらんですよ。

↑暴走













P1100193.jpg

P1100216.jpg




そして四葉会さんの曲は

「四つ竹節」「古代神」「むぎや節」の3曲。


いつも見ても四葉会さんの踊りは決まってる。指先まで気持ちが通ってる。

見惚れる、時間があっという間とはこのことですね。






舞台袖で出番を待ってる姿にすら。目を奪われます。



写真 (80)








本日の定期公演も、ありがとうございました。

遠い所からもお越し頂きまして本当に嬉しく思います。

またぜひごご来城をお待ちしてますね。


出演者の皆さまも、お疲れさまでした。

またよろしくお願い致します。







次回のじょうはな座「定期公演」は、

↓↓↓↓↓

平成25年5月25日(土) 開演/午後2時 (開場は1時30分)

演目:庵唄、むぎや
出演:西上町、野下町

入場料:1、500円 城端曳山会館入館券付きです。




ぜひぜひ、お待ちしております!




スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

定期公演 | 17:26:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。