■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
定期公演 レポ
5月12日()



久しぶりに定期公演のエントリー。。



本日じょうはな座は、定期公演でございました。

お祭直後の公演で、町内さんにはお疲れとお忙しいところでのご出演。

ありがとうございました。






さて本日の演目は、

庵唄 と むぎや


西上町恵友会(にしかみまちえいゆうかい) の皆さまと

じょうはな四葉会 の皆さまがご出演。





西上さん




西上町さんには、


夜廻り囃子

庵唄の「忍ぶ恋路」「松風」



の3曲をご披露頂く。



夜廻り囃子とは、

春の曳山祭までのお稽古期間に、夜の「まちまわり」をする時に演奏されています。
このお囃子が夜に響き始めると、城端の町中のお祭への雰囲気がぐっと高まり、
今年もお祭の季節が巡ってきたなと知らせてくれる、とても素敵な旋律のお囃子です。


2曲目の庵唄「忍ぶ恋路」は、

"忍ぶ恋路はさてはかなさよ 今度逢ふのが命がけ よごす涙の白粉も その顔かくす無理な酒"

↑↑ が、歌詞なのですが、

幕末ごろに流行ったと言われており、心が締め付けられるほどの歌詞が魅力の唄です。。
「忍ぶ恋路」と言うからには、決してお互いより人に言えない恋をしているのでしょうね。
今度逢ってしまえば最期、命はないかもしれない・・・
でも想いを募らせ想いを巡らせるほど、あなたに逢いたい気持ちが膨らみ涙もとまらず。
飲み慣れないお酒に手を出してまで紛らわそうとしても、どうしても心にしまい込んでおくことが出来ない。死んでもいいからあなたに逢いたい、とまで思ってしまう遊郭の女性の心情が痛いくらい伝わりますね。

この曲は西上町さんの今年の唄でもありましたね。
曳山祭の時にはたっぷりと聴かせて頂きました(^_^)



3曲目の「松風」は、

"風になりたや今宵の風に 人に知られずさとられず
遠い夜道を駆け抜けて 愛しい人の松の枝 鳴らしてみたいさわさわと "

が、歌詞。

こちらは平成に入って発表された新しい曲です。
7年ほど前に、この曲の解説を頂いたとき「爽やかな恋心を唄っているんですよ」と、
教えて頂いたんですが・・・最近はちょっと違った解釈が自分の中で膨らみ始めておりますw
風に例えて爽やかな雰囲気をまとって若い恋人の甘いじれったいお話なのかなーと思いきや、
人に知られずやら、夜道やら。極めつけは、鳴らしてみたいとな。。
松の枝というワードには何が隠れているの?と、照れるような濃厚な解釈も出来るわけです。はい。

と、まぁ公共施設らしからぬ暴走した妄想入りの解説を書いてしまいましたが、
若連中さんが唄うんだもん、そりゃ色っぽくてそういう解釈にもなるですよ。
こういうこと書くと怒られるかも知らんけどw

でもいろんな解釈が出来るからこそ、庵唄は奥が深いというか楽しみところが絶えないというか。
たくさんの人を惹き付ける要素の1つに庵唄もあるからこそ、曳山祭が一層魅力的なんですよ。




・・・・・と、おもう。









さて庵唄のあとは、むぎや


じょうはな四葉会さんに

「四つ竹節」 「古代神(こだいじん)」 「むぎや節」


の3曲をご披露頂く。



四葉会さん1

四葉会さん2




四葉会さんは、

むぎやが好きな方々が集まって結成された有志の会の皆さまです。

好きならばと、もちろん城端以外の方もメンバーにいらっしゃいます。



むぎやの踊りは、

各町・団体によってまちまち。衣装もまちまち。唄う唄もまちまち。

なので同じ「むぎや」でも、

振りも違うし、構成も違うし、人数も違うし、と、

なかなか見飽きないのも、目を惹き付けて離さない理由の1つだと思ってます。



いつ観ても、

曲は同じでも楽しめるですよ。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


って、なんだか定期公演のレポから脱線しちゃいました。



ではでは、次もぜひよろしくお願いいたします。

次回の定期公演は、

↓↓↓↓↓



平成24年5月26日(土)
開演/午後2時 (開場は、午後1時30分)

入場料は曳山会館の入館券がついて、1500円/おひとりさま 。
(団体15名以上は、1300円です。)

出演は、東下町さん(庵唄)と栄町さん(むぎや)です。





お待ちしております!

スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

定期公演 | 21:01:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。