■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
定期公演 レポ
10月22日()



麦屋節保存会さんに、1時間だけ入会しました。。 ←超緊張






さて、毎月第2・4土曜日は

じょうはな座定期公演


14:00開演で、約1時間ほどの公演です。

春の曳山祭の「庵唄」と、秋のむぎや祭の「むぎや踊り」を

じょうはな座では、定期的に上演しておりますです。





毎回出演団体さんが違くて、

定期公演といえどさまざまな演目がご覧いただけます。




今回は、庵唄に庵唄保存会さん(写真上)、むぎやに越中城端麦屋節保存会さん(写真下)


庵唄


むぎや





上の写真は、春の曳山祭で唄われている「庵唄」。(いおりうた、と読みますです)

端唄が源流で城端独特のもの。

いまには、約30曲ほど伝わっております。


その中から4・5曲ご披露してくださいますが、
写真の日舞との共演は庵唄保存会さんとだけの演目なのです。




下の写真は、秋のむぎや祭の「むぎや踊り」。

団体ごと町内ごとに「持ち唄」があったり、同じ曲でも「振り」が違ったり。

様々にお楽しみ頂くことができますよ。

またご覧頂いたあと、「むぎや踊りの体験」もして頂きます。


皆さまには菅笠(すげかさ)をお配りしますので、
恥ずかしがらずせっかくなのでやってみてほしいと思うですよ。






詳しくはじょうはな座のHPにも掲載しておりますので、

そちらもご覧くださいませー。



 
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

定期公演 | 17:47:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。