■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
モンゴル伝統芸能公演 レポ
9月21日(水)


本日のじょうはな座は、モンゴルの伝統芸能公演!



なんでモンゴル?

って思うでしょ。



そもそもの始まりは、1人の学生さんから。

モンゴルから日本に留学しているその学生さんが、3月に東北でおこった震災をきっかけに

「日本のために何かしたい!」との熱い思いから

経済的に苦労している「日本」の学生さんを支援しようと思い立ったのが始まりだそうです。










モンゴルの伝統芸・・・といっても、なかなかイメージ出来ず、

入込とかお客さんの反応とか舞台もどうなるんだろう?とちょっとだけ心配しておりましたが、


台風の影響で、出演者さん一行も無事つくかどうかの瀬戸際 (^_^;)





でも、そんな心配いらず。


馬頭琴、ホーミー、民族舞踊、長歌 ・・・

全部で17番組。


どの演目もホールと共鳴して、狭いホールが広大な空間に一瞬にして変わる。

じょうはな座で聴くのがもったいないほどの音色で、

あの広がる草原の中で贅沢に聴きたいとお客さんみんなが思ったはずです。




その魅力にあっという間に、虜。








じょうはな座で演って頂けて、主催者さんに感謝です。ほんと。。

舞台袖でスタッフとしてではなく、

お客さんとして直にその音の中に入ってみたいと、熱烈に思いました。


素晴らしい時間でした。








公演後には、皆さんがロビーに出てきてくださって、

お客さんと記念撮影。



記念撮影1

記念撮影2





台風の近づいているなか、足もとの悪いなか、ご来場くださりありがとうございました!

「チンギスハンの黒馬」の皆さんお世話方のみなさん、お疲れさまでした!




またぜひ、じょうはな座で!


スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 22:10:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。