■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
懐かしい景色
5月27日(金)


だんだんと自分の頭の中が薄れていくんだなぁ・・・


看板とか、建物のつくりとか、通りとか。

寂しいなぁ。はがやしいなぁ。。






っと、ちょっとだけふがいない自分にメランコリー。


きっかけは、城端の西町通り(国道304号線)拡幅前の写真を見たからなのです。




懐かしい景色・・・




催し物で使うものを盗み見し。



ここにあるのは拡幅前写真の他に、

自分がまだいない時代の城端が写っていたり、知らない方が写っていたり。

今70歳ぐらいの方の成人式の写真とか。庁舎も新しい。
とても貴重なものばかり。



うふふーと知らない城端に顔がほころびます。

知らないのに知ったような気になるね。





↓↓↓↓↓


上の写真は、善徳寺前の交差点。

下の写真は、織館付近。



奥にみえるは・・・善徳寺!

織館もひっそり隠れてる!




こんなだったなぁ。


ほころんだり、メランコったり、自分でも忙しいと思った、ですw



スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 16:37:42 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
3年前、十数年ぶりに城端に来たら道が広くなっていて驚愕しましたよ。
と、言ってもその十数年前は城端線の折り返し時間を使って駅と郵便局を慌ただしく往復しただけでほとんど記憶が無いのですが(当時はフィルムカメラしかなく、そのフィルムも節約してたので写真も撮ってない、という・・・)、何となくアーケードか新潟で言う「雁木(がんぎ。庇が張り出してアーケード風になっているもの)」のような状態になっていたような記憶があるんですが・・・。岸書店さんの辺りが今と同じく金沢で言う「広見」みたいな空間だったのは覚えてます。
じょうはな座は結構な土地ですが・・・学校跡か何かでしょうか?
2011-05-28 土 10:05:27 | URL | 広坂兼六 [編集]
城端の昔の町並みに興味があります。
国土地理院のサイトにある昔の航空写真や、
曳山会館の江戸時代の地図を眺めてはうっとりしてます(笑
催し物で使うとありますが、その写真を展示するのでしょうか。
よその人間でも入れるのでしたら是非とも伺いたいのですが。
2011-05-29 日 16:12:21 | URL | のとのもん [編集]
よくご存じで、とても嬉しいです。
あの西町通りは確かに雁木軒下がお店どおし繋がっていて、アーケードのようになっていました。その道も一方通行でしたし。岸書店さんあたりは今と雰囲気はよく似ていて、あのあたりを「広小路さん」と呼んでいましたですねー。懐かしい・・・。

じょうはな座の場所は、プールだったのですよ!実は。
もっともっと昔は城端庁舎含め一帯が学校でしたよ。
2011-05-30 月 10:26:13 | URL | じょうはな座スタッフ [編集]
のとのもん さま
ほんと懐かしくて魅入ってました。
話をするたび、そうだったなぁと思い返したりして。
実は・・・写真は展示用ではなくスクリーンで映し出す為にお預かりしてしたものなので、
現物は既に持ち主さんへお返ししてしまいました・・・。

取り込んだものが残っているか、確認してみますね。
2011-05-30 月 10:40:42 | URL | じょうはな座スタッフ [編集]
失礼いたしました
そうでしたか。ちょっと残念ですが、なにかを調べてるとか言うわけでなく、
興味本位・ただの野次馬根性で見たいと言ってみただけですので、
気にしないで、また機会がありましたらブログで紹介おねがいします。
2011-05-30 月 23:47:42 | URL | のとのもん [編集]
あの広さと、JAなんとさんの城信事務所前にある石の門柱から考えて学校跡という結論だったのですがやはりですか。
初来城の時、郵便局への道を聞いた交番でもらった観光マップからも(プールがあったという記憶は無いにしても)そういう推測をしていたような記憶も有ります。
そして何よりうれしいのは雁木!
よく新潟県内だけのものとして紹介されることが多かったので、県外にもあるんだと感動した記憶はあるものの、肝心の記録を残さなかったので自信が無くて誰にも聞けなかったんですよ。

しかし、確かに初来城の印象は深かったですが、まさかその十数年後に年3回ペースでちょくちょく来城する事になろうとは思いませんでした。
2011-05-31 火 23:36:05 | URL | 広坂兼六 [編集]
のとのもんさま
ごめんなさい・・・やっぱりここには残っておらず。。。
せっかくご興味を持っていただけたので何かをお返ししたいのですが。
代わりに、うちの写真をあさってみます、ね。
2011-06-01 水 09:31:29 | URL | じょうはな座スタッフ [編集]
広坂兼六さま
雁木軒下は新潟特有なのですかー。
じょうはな座の軒下も実は雁木と言っています・・・。
当たり前すぎて、普通になってしまうダメ典型ですねw
いろいろ目を光らせることを覚えないと、です。ありがとうございます!

嬉しいですー何が繋がっているかわかりませんね、縁というやつは侮れません。
プールと町並みの写真ちょっくらうちで探してみますねー。
2011-06-01 水 10:03:23 | URL | じょうはな座スタッフ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。