■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アクセス解析ちゅう
5月15日()



ごはん食べながら、情報収集という名のストーカー行為。



富山、南砺市、城端関連の記事・ブログ・ツイート諸々見てます。

そうです、そこのあなたのです。








さて、最近じょうはな座からかけ離れたことしか書いていないので、

こいつまじめに仕事してないなと言われ始めかねない。





こんな事じゃだめだとアクセス解析を久々に行っておりましたら、

( ゚д゚) おや?



「シネマ歌舞伎」のキーワードが上位に。





なので改めてPR!


次回の上映は「怪談 牡丹燈籠」!





6月12日()、午前11時開演です。
上映演目は6月にぴったりな・・・「怪談 牡丹燈籠」


出演は、片岡仁左衛門さん、坂東三津五郎さん、坂東玉三郎さん、などなど。




あらすじは・・・

浪人の「新三郎」に恋い焦がれて死んでしまった「お露」は、「新三郎」を思うあまり亡霊となって夜な夜な牡丹燈籠を灯し、からんころんと下駄を鳴らしながら「新三郎」の元を訪れる・・・。しかし「お露」が幽霊だと知ってしまった「新三郎」は如来と護符で「お露」を遠ざけようと身を守る。が、「お露」の念はあきらめを知らず、金でものを言わせ下働きの「伴蔵」「お峰」夫婦に裏切りをさせる。お金に目がくらみ幽霊と取引をしてしまった「伴蔵」と「お峰」、そして何の因果か欲が欲を呼び・・・

そしてそばに立つは、牡丹燈籠を手にした女の姿―。




あらすじだけ読むと、めっちゃ怖いんですけど・・・。
ですがそこは歌舞伎。怖い話ながらもクスリと笑わせる演出がなんとも愉快。

セリフも口語に近いので、どなたでもお楽しみ頂けますよ。




チケットは【全席指定3500円】、じょうはな座特製幕の内弁当付き!


現在販売中です!

まだ余裕がございますので、お見逃しなくです。
遠くてなかなか買いに行けないわーって方でも、県内ならばアーツナビさんで、その他地域でもチケットぴあさんで取扱いをお願いしているのでお近くのサークルKサンクスさんの店内の端末からお求めいただけます。

それでも・・・って方には、じょうはな座から直接チケットを郵送しておりますので、
まずはお気軽にお電話くださいませ。

↓↓↓↓↓

じょうはな座 TEL0763-62-5050





お待ちしておりますー!!!


スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 20:32:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。