■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
会館のお花
4月18日(月)


今年の曳山祭、西上さんの唄は「手鏡に」かぁ。


そよ風にそっと紅ひき手鏡に 映らぬものと知りながら 重ねてみたい君が顔
燃える想いは陽炎の ゆらゆらゆらと ゆらゆらゆらと

↑ 歌詞



(*´ェ`*) < 切ないねー、切なすぎますー

鏡に映った自分と自分の頬を重ね合わせてあの人を想う娘さんの姿・・・

若い娘さんの唄なので私でさえ(割とね)解釈できるほど庵唄ではまだ軽い方の唄だと思いますが、十分恋にどっぷりハマってて、胸がきゅっとなる素敵な唄ですよね。珍しく女性目線な唄でもあるので、私みたいなコムスメでもわかりやすいのです。


↑ 自分の主観なので、悪しからず

そんな唄を曳山祭で、若連中さんが奏でるのですから・・・





(´Д`) < いいよねー色っぽくて、素敵だー。





すみません、完全思考ただもれ暴走ブログになっています<(_ _)>








さて!今回のご紹介は、お久しぶりです。

会館のお花たち。



会館のスロープなど3カ所とたまに正面にいけこんで頂いているお花。
城端のいけばなの先生に、イベントにあわせて季節のお花で会館を彩ってもらっております。いらっしゃるお客さまにも楽しみにして頂いており、たまーに何もなくてもお花見せてーってご来館下さるほど。


P1040405.jpg

P1040403.jpg

P1040404.jpg




やっぱりお花があると雰囲気が明るいのですよね。そこだけ。

照明のせいとかではないですよ。
それはつくづく生きているからなんだなぁーと、いけばなの先生の言葉をお花を見るたびに思い返します。



「生に勝るもの、生きているものに勝るものはありません」



スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 15:06:19 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
目からウロコでした
せっかくCD買ったのに歌詞は気にしないでBGMにしてました
グッとくる唄ですね。ココロして聴くようにします(笑

花があると明るい・・・なるほどそういうことだったんだ!
2011-04-21 木 10:33:35 | URL | のとのもん [編集]
Re: 目からウロコでした
のとのもんさま

コメントありがとうございます。
それぞれの聴き方でお楽しみ頂ければそれでいいのですよ(^_^)
ですがすこーしだけでも、より楽しんでもらえるお手伝いができたなら嬉しいことこの上ないです。

命の存在感はあなどれませんね。
まさしくそこに有るのと無いのでは、全然温かみも違うほど!
2011-04-22 金 09:09:37 | URL | じょうはな座スタッフ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。