■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
なんとスポーツ講演会 レポ
じょうはな座で、南砺市体育協会主催の「なんとスポーツ講演会」がありました。

講師の先生は、福島大学の教授・白石 豊 先生で、今の子どもたちのスポーツ・運動の環境・現状についてご講演いただきました。
色んな話があった中で納得させられる部分があったり、今の子どもたちの現状に驚かされたりと、スポーツには縁遠い私にもうなづく部分がたくさんありました。

特に驚いたのは、今のスポーツ検査には背筋力の項目がないということです。
今の子どもは筋力低下の傾向にあり、特に背筋力はその中でも目立つんだそうです。よくコンビニとかの前で見かける地べたに座っている小・中・高校生。決してモラルの低下やマナーの悪さだけが原因じゃないそうです。これは背筋の力が弱くなり「立つ」という姿勢を長く保つことが出来ない為に、座り込むんだそうです。意外と繋がらなさそうなことも1つの原因となり今の社会の問題を作り上げていると言っておられました。話が違う方向に行ってしまいましたが、背筋検査に戻します。この項目がなくなった訳は、子ども達がこの検査をすると「腰を痛めるから」という理由で無いんだそうです。それで良いの?と思いますよね。こんな配慮をする位なら改善する事をすれば良いのにと思います。


長々と自分の思うことを書いてしまったのですが、本当に考えさせられる講演内容でした。
お客さんはスポーツの指導者やそれに関わっている人たちばかりのような感じでしたが、お父さん・お母さんのような方たちにも聴いてもらいたいと思いました。(じょうはな座の主催でないのにあつかましいですが・・・ - -;)
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 11:41:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。