■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
尺が変更になった事を
6月17日(木)


井波の担当さんから聞かされるってどういうこと?


・・・・・・・・・、

いやね、2chの市の広報番組のことですが・・・

尺の短縮決まったのなら、まず担当館ぞれぞれに連絡しません?

相談なのですがって電話だけしておいて、どうなったかって、ねぇ??????

ふつうさぁ、その後あるでしょ?





っていう、愚痴から始まった今日の収録w
まぁこれで急に聞いたということが2回目だったのでついね、プチッときたのですよ。

仏の顔は3度までといいますが・・・そんな仏の顔は持ち合わせていませんから!






さて、今日の収録は井波さんで。
前回ホールを見せてもらう宣言をしていたので、さっそく収録中ではありましたが、
ヘリオスさん、置き去りにしてごめんなさい・・・<(_ _)>

ちょいと見学。

井波の緞帳は素晴らしいと思う・・・




映写室から (*´Д`)ハァーイイナァ
県内では、砺波と井波しか持っていないそうです(井波さん談)

35mm映写機   これは何て言うの?


もう職員さんでは動かせないらしい。
そうだよね、特殊だもん。技術さんがいるように技師さんをお呼びしないと。



あとスクリーンも降ろしてもらっちゃった。

・・・・・


でかいよね・・・。

何インチ?


何インチですか?って聞いたけど、わかんないって驚きの答えが返ってきた。

幅ははるかにじょうはな座のより大きそうですけど、高さが??ですね。
作品によっちゃ・・・



プロジェクターで映す時は、客席に台を置いてやるそうです。じょうはな座と反対ですね。座では映写機が仮置きになる・・・だから音が気になるかもってうちの技術さん談。

ホールごとの方法があって、1つじゃないって事をいつも思い知らされます。



そんな「収録」が従で「ホール見学」が主になってと、何だか逆な午前中を過ごすw

スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 13:14:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。