■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
!
6月11日(金)


6月6日(日)に行いました、大和楽の調べと朝丘雪路の舞い。
盛況のうちに幕を降ろす事が出来まして、ほっと胸をなでおろしております。

出演者の皆さん、催しに関わってくださったスタッフの皆さん・・・
本当にありがとうございました。お疲れさまでございました。




さて昨日、なんと!朝丘さんの事務所からお届けものが Σ(゚Д゚)!

歌詞集


深水流小唄作詞集!
ななんあなんあんあなななああ(ry・・・orz 






興奮しすぎですw







・・・・・落ち着け。



何でこれが届いたのかといいますと、
城端の庵唄に「辰巳」という唄があることはご存知でしょうか?
この辰巳・・・もともとは「辰巳よいとこ」という小唄曲なのですが、城端に入り庵唄ナイズされ、ここでは「辰巳」として唄われております。

簡単に言えば、庵唄の「辰巳」の元唄が、小唄の「辰巳よいとこ」になるわけです。
庵唄のほとんどが、端唄・小唄などを源流としてますからね。



実はこの「辰巳よいとこ」、朝丘雪路さんのお父さま・伊東深水さんが作詞されたものなんですよ。
不思議なご縁もあるもので。公演後の打ち上げのときに実は・・・と庵唄保存会の会長さんが朝丘さんにお話されたら、「辰巳よいとこ」の歌詞の構想を書いたものがあるかもしれないとおっしゃって頂いて・・・。


そして送ってくださったのが、上の写真という事です!



(((゜□゜;))) ああああぁぁぁあぁぁあ・・・・・
踊り好き、庵唄の背景好きとしては、もう発狂しそうなほど、です。



ありがとうございます<(_ _)>

ゆっくり見たかったけど、取り上げられた・・・今は会長の手中。・゚゚(ノД`)


スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 21:05:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。