■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
じょうはな名画座 レポ
11月16日(月)


久しぶりに、じょうはな名画座のレポを書きます。

じょうはな名画座は月1回、懐かしい名画から話題になった作品をなんと!1コインでお楽しみ頂こうという企画。富山県のホールでネットワークを組み、じょうはな座の他にも県内の文化ホールなどで行っています。じょうはな座は町の中にあるという何とも恵まれた場所にあるということもあり、平日の昼中には、どこからとも無くお客さんが集まります。車での来館はもちろんですが歩いてこられる方が結構いらっしゃるので、ほんとに沸いて出た状態にw

ほんといつもありがとうございます!



さて今日の上映作品は「哀愁」(1940年/108分/字幕)でした。
ロンドンのウォータールー橋が舞台で、戦線へと向かう青年と踊子との恋を描いたラブストーリーの代表的な作品・・・、ということもありお昼からたくさんの方に来ていただきました(´∀`)ニコ
正直こんなにいらっしゃると思わなくて・・・びっくり。素晴らしい作品だったんですね。

ひさしぶりに1回で大台に乗りました。 ハイ、拍手!



アンケートにもたくさんの感想とリクエストを頂き。

DSCF5303.jpg

このアンケートのご意見やリクエストが名画座の全てといっても過言ではない!w
出来うる限り、吸い取って反映させて頂いております。特にリクエストなんてほぼ。

今回もありがとうございました!




↓↓↓↓↓

次回のじょうはな名画座は・・・
上映作品:「無法松の一生」(1943年/80分)

日時:平成21年12月14日(月)
    上映開始時間 ①14:00~ ②19:00~の2回上映

入場料は1コイン・500円! 当日でもまだまだ余裕がありますよ。


阪東妻三郎演じる松五郎は、「無法松」というあだ名がつくほどの荒くれものだが、本当は優しい心の持ち主。ふとしたことから知り合った少年とその母との出会いが松五郎の人生を変えてゆく。
戦争中に製作された映画であるため、その影響が色濃く残っている事でもでも有名。しかし俳優陣の演技や撮影を担当した宮川一夫の技術が今でも光る名作です!

必見!是非お越しください!
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 19:21:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。