■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ホール技術職員研修会
福井の越前市文化センターで行われた「文化施設技術職員研修会」に参加してきました

2日間の研修会では、ホールの安全管理や危険予知、基礎的な舞台照明の扱い方、日常点検の行い方、舞台機構・幕・備品等の取扱説明及び設営実習、綱元操作等々・・・・・、様々に学びます。
言ってしまえば新人研修のようなものですね。

講義は基本といいながらも理解しづらいマニアックな話もありましたが、色々と舞台について解ることが出来ました。

20070120153011.jpg   20070120153038.jpg

写真は実習の様子です。
いつも舞台を作ったり照明を吊り込んだりするときは、うちの技術職員に逐一指示を出してもらいながらしていたんですが、講義のおかげで(専門的なことはまだわかりませんが)しくみを大体ではあるんですが、頭の中に入れることが出来、考えることを覚えました。

まだ色々と研修会のことを書きたいのですが、写真が無い上にネタがたくさんありすぎてきりがないのでここでおしまいにします。

最後に・・・。
参加して本当に為になりました。(当たり前なのですが・・・)
研修には北陸の文化施設の職員で、技術のキャリアが長い職員の方もいれば、私のように舞台には殆ど関わったことが無いような事務職員の方の参加もありました。ですので、研修会の講義や実習はもちろんなのですが、技術のキャリアが長い方からはそれぞれ経験してこられた話を、事務職という同じ立場の方からは、会館運営に携わる中で日々思うことや考え方などを聞くことが出来たのも、こういった研修会ならではの収穫だと思えます。

また、こういった研修会があればぜひ参加したいと心底から思いました。
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 16:17:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。