■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
見学
7月20日(

今日もじょうはな座は静かです。風鈴さえ鳴りませんwww
催し物がなく静かなかわりに、やはり3連休の影響でしょうか?見学のお客さんが多数お越しです。ガイドの機の声さんとともに、お越しになった団体さんもいらっしゃいましたし、
ご婦人の方々の集まりや下見のお客さんなどなど。

普段なら滅多にかぶらないのに。


ガイドさんと歩いている方のお話を聞いていると、高岡や富山、はたまた魚津からお越しで、しかも年齢層も見る限り幅広く、何の団体さんなのだろう?と首から下げられている名札を見ると、「城端さるく」と書かれています。

城端さるく?

???と思い調べてみると、ありましたよ「城端さるく」。

RACDA高岡さんの「城端線・氷見線活用キャンペーン」の企画イベントだったんですね。
しかも「さるく」って「探り歩く」の略。。。
誰でも参加OKなんでしょうか?何だか皆楽しそうだったので、他のところの「さるく」行ってみたいです。


またご婦人方々は城端の曳山祭を良くご存知のようで、催事場にある「曳山のミニチュア」を見ながら、宵祭のすばらしさをまるで城端人のようにPRしておられました。私の出番なしですwww
本当に気に入って下さっているんですね。ありがたいことです。



皆さん暑いなか町歩きをされていましたが、水分をちゃんととって楽しんでください

今度は、お祭や定期公演などにも来て下さいね。

 
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

見学 | 16:00:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。