■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北栄会民謡発表会 レポ
6月1日(


今日は、「北栄会民謡発表会」です。

毎年じょうはな座で発表会を催していただいています。
毎回色々なゲストを呼び、唄あり踊りのたっぷりステージを繰り広げられます。

今年は入場料1,000円と設定されたようですが、開場前にこの混雑。

DSCF9988.jpg

写真は開場30分前ですね。開演までは1時間もあります。早いお客さんは、12時開演なのに10時半から並ばれたツワモノもいらっしゃいます。まぁ自由席ですからね。
じょうはな座で扱っていた前売り券も当日券もそこそこの出だったので、相変わらずの人気ぶり。
この他にも会員さんでチケットを販売されたりしていたと思います。


さて開演、12時。

DSCF9990.jpg

オープニングは、会員皆でおなじみ「といちんさ」を合唱(?)。
演目総数60演目、約5時間の幕開けです。

DSCF0013.jpg   DSCF0039.jpg

ほんとに毎回豪華で、1人1人生伴奏つきでの発表なのですよ。
唄い手と地方が共鳴、迫力満点のステージが60番も続きましたし。とっても見応えあります。

そして番組の途中途中には、ゲストの踊りがあったり津軽三味線が入ったりと見飽きることがなく、5時間があっという間に過ぎていきました。

DSCF0032.jpg   DSCF0045.jpg


前日と本番ギリギリまでのリハーサル、本番当時の長丁場、本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 18:10:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。