■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大和楽の世界 レポ
5月16日(金)


昨日に引き続いての快晴!気持ちがいいです。
さて今日は、「大和楽の世界」公演当日です!やってきました。

DSCF9648.jpg   DSCF9674.jpg   DSCF9679.jpg

楽屋の準備や、ケータリング、催事場のセッティング、パンフレット組み、・・・などなど、色々準備しているといつもの通りですがあっという間に楽屋入りの時間になりますね。ぞくぞくと素敵なお姉さま方が入られます。放つ雰囲気が・・・

お出迎えの終了後は、中学1年生の皆さんの受け入れ準備へ。
直ぐに、ワークショップが始まります。ワークショップはリハーサルの様子を見学して、舞台がどのように創りあげられているかを知ってもらうことと、一流の音楽に触れる機会として毎年中学生向けに公開しています。

DSCF9759.jpg   DSCF9763.jpg

リハーサルの他に昨年は大和楽を出演者と中学生とで輪唱をしましたが、今年はもう少し身近に感じてもらおうということで、「世界にひとつだけの花」に三味線の手を付けていただき、その三味線の伴奏に合わせ一緒に唄いました。やはり中学生は、恥ずかしいみたいであまり声が出ていません・・・。まぁ恥ずかしいさかりですからね。
世界にひとつだけの花は・・・でしたが、リハーサルや舞台の創りに関しては、割と真剣に見学していたようですね。少しは、舞台に興味を持っていただけましたか?

予定時間を30分もオーバーして、中学生の鑑賞が終了。
・・・先生、時間大丈夫でしたでしょうか?


さて、残りのリハは無事終わり開場時間は予定通り、6時30分。
いつもながら開場直前には、催事場が少し混雑していましたね。自由席ですからなおさら。


そして午後7時。開演です。

DSCF9827.jpg   DSCF9840.jpg   DSCF9866.jpg

今年は、1、月慈童 2、おたのしみ 3、河 の3演目、約1時間半の公演。
私はモニター越しでちょっとだけしか聴けませんでしたが、終演後のアンケートに目を通してみると、素晴らしかったとの言葉が多くみられ、満足していただけたのだなと。遠いところからは、福井や長野からお越しくださった方も。今は無事に終わることが出来てほっとしています。

ご来場のお客様、本当にありがとうございました。


 
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 21:49:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。