■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
宵祭り
5月4日(

今日のじょうはな座は、忙しくなります!
なんたって「御旅所」なんですから。神様をお迎えするとあって少し気を張ります。

これで、じょうはな座が「御旅所」になるのが3回目。そろそろ勝手がわかってきて、町内の皆さんが舞台の設営準備においでるのも午後の3時と少し遅め。なので午前中は少しだけゆっくりと準備を進める事が出来てます。

DSCF9422.jpg   DSCF9432.jpg



夕方5時、まだまだ暑かったですね。じょうはな座の女性スタッフもみな着物に着替えて、神様とお客さんのお迎え準備は、万端ですw と、思っていたのですが例年ならもうすでにお客さんでいっぱいの催事場も、今年は何だかまだ余裕がありそうな。
6時前、お神輿が神明さんを出発されてじょうはな座に到着。舞台横の荷捌き室から、よいしょと上げ開始の準備に入ります。開始予定時間の6時を5分ほど過ぎて、お着きの儀・獅子舞・浦安の舞・1番山~6番山までの庵唄奉納が順に始まりました。

DSCF9490.jpg

滞りなくスムーズに進んで、8時には6番山の庵唄の奉納披露が終了しました。
悲しかったことといえば、1番山の庵唄奉納が終わりその町内の皆さんが一斉に席を立たれた時に、他のお客さんも訳分からず一緒に出て行ってしまわれたことですかね。これで終わりなのかと勘違いをされた様子。まだ6番山までありますよというと、もう1度お席のほうまで戻られたりもしたのですが、全部の町内の時に出入りがあるもので、つられて出てしまうんですよね・・・。
次回は、お客さんを引き止める工夫をしようと思います。

DSCF9484.jpg


どっぷり夜になり、じょうはな座が一息ついたところで今年も留守番を頼み「山宿めぐり」に出かける事が出来ました。じょうはな座お越しになるお客さんが去年より少なく感じていたので町の方々に声をかけてみたんですが、皆さん揃えたように「たくさんの人やったよー」と・・・。これはただ単にじょうはな座に人が来なかったということだったんですね・・・。ショック。これが3年目の試練ってやつですか。

DSCF9504.jpg

上の写真は、西上町の山宿ですね。9時過ぎに町へ行ったのですが、このようにどこの山宿へいってもお客さんがいらっしゃいました。通りを歩いている方も多いような気がするだけかもしれませんが、たくさんいらっしゃいました。どの飾り山も良かったです。それぞれのお家の趣向が見えて、ただ見て廻るだけなのですが楽しくなります。


今年もお神輿が無事に到着し、トラブルもなく宵祭が終了しました。山宿めぐりも出来ましたし。
明日の本祭はどうなるでしょうね?お天気が心配です。
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 21:52:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。