■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
南砺市連合婦人会総会 レポ
4月6日(

今日は、南砺市連合婦人会の総会。
朝開館するとすぐ、役員の方が準備にお越しになり、パパッと準備が完了!

DSCF9221.jpg   DSCF9242.jpg   DSCF9236.jpg


10時頃からはリハが段取り良く始まり、11時頃には始まりを待つような状態。
いろんな地域の方が集まっているにも関わらず、さすがといいますかリーダーシップが強いんですかね、1つにまとまり会に向けて動いていらっしゃいます。


午後1時30分、開会。
来賓の数が多い!前2列の来賓席はほぼ埋まっていたのではないでしょうか?
選挙を控えているからでしょうか?
来賓も多ければ、会員の皆さまの出席も多くてご覧の通り2階席までいっぱいいっぱいに埋まっています。一番前の可動席も急遽付けることとなり、満席に近い入込。

DSCF9249.jpg   DSCF9252.jpg

総会のあとは、皆さんがおまちかね(?)のご講演。石井知事の奥様で数学者の石井志保子氏が「私のロールモデル」という演題についてお話されました。
「ロールモデル」とは、これいいなとかお手本にしたいなと思うその「目標」「対象」の事だそうです。石井氏自身、数学者であり、母であり、妻であり、そして知事のパートナーでもあります。多様な役割をこなす石井氏は私たち女性の生き方の1つのモデルでもありますよね。ですが、家庭・夫を支えながら自分の好奇心を追及できる環境に身を置く事ができるのは、周りの理解・協力が必須。でもこれらの理解・協力を得たのも、ロールモデルともなる石井氏自信のパワーや魅力があったからこそなんだろうなぁと、講演を所どころしか聴けなかったですけれどそう思いました。

婦人会員の皆さまは、どう感じられたでしょうか?


長い時間、お疲れ様でした。1時30分に開会して終了したのが4時くらいでしたものね。
ありがとうございました。また、よろしくお願いいたします。

 
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 18:05:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。