■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「歓喜」の夕べ レポ
3月24日(月)

無事終了しました!
南砺に春を呼ぶ「歓喜」の夕べ、第1夜「シュトゥットガルト・ゾリステン」、じょうはな座会場分が幕を閉じました。あさっては引き続き、第2夜ヘリオス会場、最終夜井波会場と続きますね。

貸し館としては久しぶりに入場料を取る催しだったので、公演が始まるまでとても心配でした。舞台の事、チケットの事、当日の事などなど・・・。もちろん主催者の事務局の方が一番大変だったことでしょうけど。ともかく大きなトラブルなく利用していただく事が出来ましたので、ひとまず安堵。

あとは2会場。成功を祈っています。



公演レポ↓↓↓

DSCF9131.jpg

開演は、午後6時30分。また、城端時間ですかねwww
開場時間の6時前からお待ちのお客様がいらっしゃいます。

DSCF9135.jpg   DSCF9153.jpg

今回の公演で、外国方がじょうはな座の舞台を踏んだのは2回目になりました。前回はもう2年前になりますね。懐かしむ時もなくあっという間に現在に至るって感じです・・・。
話が外れましたね。ゾリステンの皆さんの演奏は、福光美術館の館長さんがおっしゃっていたように「どこでもS席」!私はリハーサルを少し覗かせていただいたのですが、あまり西洋音楽に適してはいないじょうはな座でも、今までのコンサートとは響きが歴然でした。こんな耳の悪い私でも目が潤むほど、ホールに広がる旋律に吸い込まれていました。

公演の最後には、地元城端中学校の吹奏楽団の1年生が、出演者に花束を渡す場面もあり。


素晴らしい公演ありがとうございました!
お疲れ様でした。
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 21:58:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。