■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
定期公演
7月14日(土)、定期公演がありました。

今回の演目は、庵唄とむぎや踊りです。庵唄は久しぶりに「城端庵唄保存会川田社中」の皆さんの演奏だったので「踊り入」の演目がありました。

DSCF5346.jpg   DSCF5347.jpg   DSCF5351.jpg

川田社中さんには、夜廻り囃子、休み囃子の紅葉狩り、庵唄の「松風」「夕暮」を披露して下さいました。(写真左・庵唄「松風」、真中・庵唄「夕暮」、右・「夕暮」踊り)
社中さんは5月半ばに伊丹市のステージに出演されて以来の、久しぶりの舞台だった様で「心地よい緊張」で唄うことができたと言っておられました。
この言葉、何回聞いてもそうお答えされるんですけどね(笑)

写真左の踊りの女の子。高校生なんですよ。
昨日の練習では、あまりの緊張と初のなま伴・唄で混乱して思うように踊れず、お師匠さんもどうなることかと心配するほどでした。しかし本番では立派に舞台を務めてくださいましたよ。お名前をもらっている名取さんとしては当然という所でしょうか 隅田川のほとりで遊ぶ娘さんの振りで、蛍と遊んだり姿映して遊んだりと、ほんと可愛らしかったですよ。



↓は、むぎやを担当して頂いた「東新田町」の皆さんです。

DSCF5356.jpg   DSCF5378.jpg   DSCF5388.jpg

「むぎや節」「四つ竹節」「むぎや節」「古代神」の4曲を披露して頂きました。
東新田さんも構成に凝った町内さんで、同じ曲でも女性の振りが違うので楽しめます。その振りなのですが、少し他から比べれば速いような・・・。曲に合わすのが難しそうに見えます。
練習しておいでるんでしょうねぇ。


今回、「なんと-e」の動画サービスに載せてもらえるとかで取材の方が入っていました。
サービス自体まだ始まっていないので動画が見れるのは、まだもう少し先になるそうです。
楽しみです!!!
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

定期公演 | 16:51:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。