■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
デジタルシネマ研修会
昨日は休館日だったのですが、明日から始まる名画座に向けて「研修会」が開かれました。
自動ドアも電気もつけず休館の看板もそのままに、お昼の1時からに向けて準備です。

DSCF5131.jpg

昨日も割と暑い日だったのですが、東京からお越しのデジタルコンテンツ協会の皆さんは城端線をご利用で、駅から歩いていらっしゃいました。暑いのにお疲れさまです。
連絡いただければお迎えに行ったのに・・・と館長補佐。



お昼も過ぎ、ゾロゾロと集まるかと思いきや・・・。?
集まり悪かったです。13人参加ホール皆さん受講においでるのかと思っていたんですけど。
でもまぁ、待ち続けてもしょうがないので開会。

DSCF5138.jpg

講演会を聞いた後、機材の説明・講習に入ったのですが、実際に機材の再生機とプロジェクターを使って試写を行いました。もう全然違うそうです!肌の質感や髪の毛の1本1本から毛先までが鮮明に写っているとか。やはり今色々と言われているブルーレイ対応の再生機とプロジェクターは全然違うんですね。

今日の北日本新聞と富山新聞にも明日の名画座の記事がありました。
記事にもあったようにホールシネマとしては、ここじょうはな座がトップバッターですので、明日が楽しみ&ちょっとプレッシャーです。
ここから好発進して、次の新湊へ良い知らせを届けたいですね



コメントを頂いたベオさまへ

高岡劇場に流れていた「テーマソング」ですが、高岡の観光協会へ失礼ながらも電話をしたところ、それは映画のサントラ言いますか劇中に流れていた音楽なのではないでしょうかというお答えを頂きました。また更にその当時の詳しい方にあたってみて電話いただけるということになりました。
またベオさんも、何かわかりましたらご意見をお寄せ頂けるとありがたいです。

本当にありがとうございます!!
スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 14:47:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。