■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大和楽の世界
5月30日(水)「大和楽の世界」を行いました。

夜6時30分からの公演に向けて、朝から会館内は大忙し
バタバタと時間が過ぎて、あっという間に出演者が楽屋入り、あっという間に城端中学校の生徒さんに公開するリハーサルの時間になりました。

DSCF5013.jpg   1年生の皆さんが聴きにおいでました。

本番前のリハーサルを見学です。大和楽の「うぐいす」と「手鏡に」を聴きました。
リハーサルの中では、大和久満さんが生徒さんに説明をしておられる場面があり、そして生徒さんと一緒に「回る~・・・」と輪唱しておられ、ちょっとした体験の時間となりました。

DSCF5024.jpg

これが結構楽しかったようで、書いてもらったアンケートにもこの輪唱が楽しかったと感想に書いている生徒さんが多かったです。



リハーサルが終わると、もうすぐ開場の時間。
催事場には、開場までまだ時間があるのにもう並んで待っておられます。お客さんで賑わっているところを見ると嬉しくなりますね

だんだんと催事場がたくさんになってきたので、10分開場時間を繰り上げてお客さんを入れることに。その間も色々と予定外のことが起こるので対応に追われながらも、開演時間。


この後は、聴きにいて頂いた方のみが知る素晴らしい会だったと思います。
パンフレットと一緒にお配りしたアンケートにも、良い意見が大部分で本当に良かったと思います。中には、「ここはもっとこうした方が良い」という意見もありつつほぼ満足していただけたようです。

スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 21:09:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。