■プロフィール

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
南砺福光高等学校芸術鑑賞会「シネマ歌舞伎」
11月1日(金) 




爽やか気持ちのよい日になりました。


本日のじょうはな座は、富山県立南砺福光高等学校さんの「芸術鑑賞会」です。

平成21年にじょうはな座をリニューアル (音響・映像設備を最新のものに一新) した時から定期的に開催しております「シネマ歌舞伎」。こちらを高校さんから

「ぜひ生徒に観させてあげたい」

とご希望を頂き、

じょうはな座ならではの演目で今回の開催となりました。



コピー ~ P1110511







きっと歌舞伎を観たことがある生徒はほとんどいないのでは?と思っておりましたが、どうやら高校の先生の中にお1人歌舞伎がお好きで歌舞伎座にも通っていらっしゃる先生がいらっしゃるという。その先生の授業で少しばかり歌舞伎に触れた生徒さんもいるようで。

ですがこれほどがっつりどっぷり浸るのは初めてでしょう。

難しい
堅苦しい
わかりづらい

と思っているでしょう。


ふふふ

さぁ、思いっきり笑ってどきどきはらはらして目が離せなくなるがいい! ←言い過ぎ




コピー ~ photo 003





今回じょうはな座では初めて高校さん向けにシネマ歌舞伎上映会を催すことになり、上映作品は何がいいかな?と悩み松竹株式会社さんの担当者さんに相談したところ、歌舞伎の王道を踏まえつつもセリフ回しも現代語っぽく分かりやすい作品の

「野田版 研辰の討たれ」

が、いいのでは、ということでこちらの作品をご鑑賞。


シネマ歌舞伎「野田版 研辰の討たれ」は、

木村錦花原作の歌舞伎狂言「研辰の討たれ」を、野田秀樹が新しい視点で書き直し、演出した舞台。平成13年8月の納涼歌舞伎で初演され、大ヒットとなりました。平成17年5月歌舞伎座において、十八代目中村勘三郎襲名披露狂言として再び上演された舞台が、シネマ歌舞伎としてよみがえります。

<松竹株式会社 シネマ歌舞伎HPより引用>

※野田秀樹さんは、俳優であり劇作家であり演出家。





シネマ歌舞伎





「野田版 研辰の討たれ」は、簡単に言うと喜劇で仇討ちもの。

赤穂浪士討ち入りの話題で持ちきりの道場の中、仇討ちなんて馬鹿らしいと嘲る研ぎ屋あがりの辰次。それを聞いた同門の武士たちはこっぴどく辰次を叱り付けられます。すると抜け目のない辰次はころっと態度を変えて剣術を習わせて欲しいとおべっかを言う始末・・・その上家老たちに剣術でこてんぱんにされてしまう。悔しい思いをした辰次は、ええぃと仕返しをたくらみますが・・・。



こんなお話。

セリフも難しいちょいちょい言葉はあれど今の言葉まわしが大半で、今の時代のネタが盛り込まれたり、お笑い芸人さんのネタが入っていたりと、高校生さんにはとても観やすく理解しやすく入りこみやすい脚本となってます。







上映中の生徒さんの反応というと、

くすくす笑いからこらえ切れず声を出して笑う場面、緊張の場面では息をのむ雰囲気がホールに漂いスクリーンに穴が開きそうなくらい次の展開を待っている、

なんて嬉しいほど素直な反応が返ってきておりました。

鑑賞後、生徒は感想文を提出することになっていたようで、集まったものを少しだけ読ませて頂き、

・歌舞伎の印象が全く違うものになりました
・もっと理解しがたいものだと思っていたけど、こんな面白い歌舞伎もあると初めて知りました
・歌舞伎とはおもしろいものなのですね
・家族にいつも誘われる歌舞伎だけど今度は観に行こうと思います
・シネマ歌舞伎だととても細かいところまで観ることができるのですね
・映像で観るものの迫力なんて限りがあるのでは?と思っていたけど予想以上でした
・歌舞伎の場面転換の多さにびっくりしました、感動です
・数百年も前から歌舞伎が続いていることは凄い、でも今も進化しているということにさらに驚きです



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この他にももっともっとたくさんの感想を書いてくださっていました。

必ず書いてあるのは、

「歌舞伎はおもしろい」

ということ。
また観たいというのも多かったですね。




自分たちにはこんなに面白くてこんなに素晴らしくてすごくかっこいくて長く愛され誇れるものがあるということに気付いてもらえたでしょうか??




これから歌舞伎に限らず日本の文化に触れる機会が増えると思います。きっと目に留まる機会も多くなるでしょう。先生もいっていらっしゃいましたよね、食わず嫌いはしないでどんどん知ってください。






ではまた、じょうはな座でお会いできますよう!

本日はありがとうございました。

スポンサーサイト


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 19:07:03 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
お世話になりました
先日は大変お世話になりありがとうございました。初めてシネマ歌舞伎を鑑賞しましたが、映像の美しさとカメラワークのお陰で、生では自分の目ではよく見えない、あるいは気づかないところまで鑑賞できて本当に感動しました。天気にも恵まれ素敵な午後を過ごすことができました。今後ともよろしくお願いいたします。
2013-11-06 水 10:42:36 | URL | 教員A [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。