■プロフィール

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
城端で雅楽を聴く会vol.2
6月28日(金)


本日のじょうはな座は雅な雰囲気。

博雅会 雅楽北陸公演 「城端で雅楽を聴く会vol.2」が開催されました。


一昨年に第1回目を開催されて、今回2回目。
じょうはな座で再び雅楽の音色が響きます。


博雅会さんは1999年4月に発足した、雅楽を自由に演奏することを目的に北海道から九州までの全国各地で活躍するメンバーが集まったユニット。
HPはこちら → http://hkgk.wtk.jp/


なぜ城端で雅楽?と申しますと、

皆さんご存知ですか?城端にも雅楽の団体さんが居らっしゃること。
なんと!昭和31年から活動されています。城端駅の近く是安地区の有志の方がお集まりになり発足。富山県内を中心に、年間通じて神社の祭礼や寺院の法要で演奏活動をされています。
(現在も会員さんを募集中とのこと、です)


そんな繋がりもあり、

今年2回目となる演奏会を開催してくださいました。



コピー ~ P1100452



今回の演目は、

壱越調(いちこつちょう) 「酒胡子」(しゅこうし)

「壱越調調子」(いちこつちょうちょうし)
「胡飲酒序・破」(こんじゅのじょ・は)
朗詠「池冷」(いけすずし)
「菩薩破」(ぼさつのは)

舞楽 右舞(うのまい) 「陪臚」(ばいろ)

「長慶子三度拍子」(ちょうげいしさんどびょうし)




コピー ~ P1100495

コピー ~ P1100504

コピー ~ P1100517




雅楽の実際の演奏を聴く機会は、あまり身近にはありませんよね。
お正月や学校の授業などで聴く「越天楽」は耳馴染みがありますが、その他の演奏となるとがくっとその機会は減ってしまいます。

ですが、知らないだけで耳に出来る場所は意外なところにもあるのですよ。

たとえば、別院の報恩講。

こういったところでも演奏されているそうです。
雅楽は神社のもの、というイメージがありますがお寺でも聴くことが出来るのですね。

私も知りませんでした。
まだまだ知識不足です。。



知らない世界はとてもハードルが高く難しいものと決めつけがち。

知ってしまえば音楽はとても身近に感じられると思います。
楽しむものですから。今日の舞台の出演者の皆さんもぜひ知ってほしいというお気持ちで各所で演奏活動をされていらっしゃいます。


実際舞台を観ると独特の世界。
平安時代にタイムスリップという言葉もまさしく当てはまるかもしれません!





出演者の皆さま、お疲れさまでした。

ご来場のお客さまもありがとうございました。

またぜひ、じょうはな座で!






スポンサーサイト

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 21:40:55 | Trackback(0) | Comments(0)
みんようの集い
6月16日()




本日のじょうはな座は、

「なでしこ会」さん、「松恵美民謡会」さん合同開催の「みんようの集い」。


どちらもお隣の地域、福光の団体さんですが、

じょうはな座で会を開催してくださってます。


民踊の踊りのなでしこ会さん、

民謡の唄の松恵美民謡会さん、

2年に1度催されておりまして、じょうはな座では早3回目!






コピー ~ P1100343




今回は、開演が12時。

終演時間16時30分と、またまた長丁場。

番組も50番、踊り・唄盛りだくさんで客席を楽しませてくださいました。




コピー ~ P1100348

コピー ~ photo 058

コピー ~ P1100351




番組が50番もあるとなると、

日本津々浦々いろんな民謡を聴かせてくださいます。

北は北海道、南は九州鹿児島。

聴いてるだけでその地の風景が浮かぶようです。

今回は根付く民謡だけではなく、新民踊で歌謡曲などにもあわせてご披露くださり、

今までとはひと味ふた味違う舞台で楽しませてくださいました。



また素敵な舞台をじょうはな座でみせて頂きました。

ありがとうございます。お疲れさまでした!

ご来場の皆さまもありがとうございました!


またぜひよろしくお願い致します。



テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 18:27:44 | Trackback(0) | Comments(0)
写真
6月7日(金)



心臓が早鐘を打ちます。

嬉しいことに、楽しいことに、悲しいことに、悪い予感に。


前を向く早鐘、どんとこい。






さて、

また素敵な写真を頂きました。

嬉しいなぁ、嬉しいなぁ。


写真 (85)

裏っかえしてあります。↑は今まで頂いた写真のほんの1部




どうしてこんなにも素敵な風景や場面を撮ることが出来るんですか?

と尋ねたら


自分の観たい風景を撮るのです。

こう撮れたらいいなと思って想像しながらシャッターを切ってます。



あぁそうか。

見たいものがそこにあるのか。


写真は上手な人が撮ればいいなんて言われたり聞くこともありますけど、

その人の見たい風景が

見てる風景がそこに現れるから写真は様々に誰もが撮っていいものなのですよね。

自分の目と他の人の目

どういう風にその目に映っているのか見ることが出来る唯一ともいえるもの。

だから写真は面白くて惹きこまれるのか。



すこし大げさかもしれませんが

この人にはこの世界がこんな風に見えてるんですね。

それは時として、

悲しみや、嫉妬のような気持ちや、妬みに似た感情になることもあるのかもしれません。


どうして私には見ることができないのだろうとか

自分の好きなものがそれ以上に輝いて見えて、なぜ私にはそう見えないのかと。

なんて思うこともあります。



でも見えないものを見せてくれるものがあるという幸せも同時に思ったりするものです。

だから写真が大好きなんですよね。

観ることも撮ることも。


そして誰かが撮るこの世界も。

誰かを通してみる世界も。


だから撮ってほしいのです。


上手い人が撮ればいいなんてそんな悲しいことは言わないでください。

その目の世界も見てみたいのですよ。






テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 12:14:11 | Trackback(0) | Comments(0)
花壇
6月6日(木)


6月6日なのに雨降らない。

コックさん作れない。







さてこちらも雨を欲しているのではないかと。

うちのスタッフがとても可愛がって育ててくれている花壇のお花。




写真 (84)





去年まで駐車場の生垣、レッドロビンの下に植えていた花と緑の銀行のお花。

今年は水芭蕉の横に植えて頂きました。


先にも書きましたが、

うちのスタッフがとても可愛がってくれており

時に話しかけ

時に撫で

水も愛もたっぷりと注ぎ

これまた愛たっぷりのまなざしで

すくすく育つ様子を見守っております。


悲しいことに1つ根元から折れてしまったお花があるのですが、

その愛情を一身に受け、見事鮮やかな色の葉を出し始めました。


さすが母の愛はつよし。





今はこの花を付けてくれてる花たちが見頃ですが、

その横には水芭蕉も植わっているので (白い花は付いていませんが・・・)

ぜひ愛でてやってください。


城端は常花。

雑記 | 09:54:56 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。