■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
避難
7月28日(月)

今朝5時ごろから9時ごろまで続いた雷雨で、じょうはな座近辺で大変な被害となりました。
じょうはな座自体は被害はありませんでしたが、今床上や床下浸水、水が引いた今では河があふれて町中泥だらけです。ここじょうはな座は避難場所として開放していましたが、城端駅近辺の地区の方2世帯が避難されたのに留まりました。

スタッフも橋が通行止めなので、大回りをしてやっと出勤できたほど。
皆さんニュースですでにご覧になったとは思いますが・・・。

こんな被害、初めて体験しました。



 

スポンサーサイト

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 14:16:15 | Trackback(0) | Comments(0)
見学
7月20日(

今日もじょうはな座は静かです。風鈴さえ鳴りませんwww
催し物がなく静かなかわりに、やはり3連休の影響でしょうか?見学のお客さんが多数お越しです。ガイドの機の声さんとともに、お越しになった団体さんもいらっしゃいましたし、
ご婦人の方々の集まりや下見のお客さんなどなど。

普段なら滅多にかぶらないのに。


ガイドさんと歩いている方のお話を聞いていると、高岡や富山、はたまた魚津からお越しで、しかも年齢層も見る限り幅広く、何の団体さんなのだろう?と首から下げられている名札を見ると、「城端さるく」と書かれています。

城端さるく?

???と思い調べてみると、ありましたよ「城端さるく」。

RACDA高岡さんの「城端線・氷見線活用キャンペーン」の企画イベントだったんですね。
しかも「さるく」って「探り歩く」の略。。。
誰でも参加OKなんでしょうか?何だか皆楽しそうだったので、他のところの「さるく」行ってみたいです。


またご婦人方々は城端の曳山祭を良くご存知のようで、催事場にある「曳山のミニチュア」を見ながら、宵祭のすばらしさをまるで城端人のようにPRしておられました。私の出番なしですwww
本当に気に入って下さっているんですね。ありがたいことです。



皆さん暑いなか町歩きをされていましたが、水分をちゃんととって楽しんでください

今度は、お祭や定期公演などにも来て下さいね。

 

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

見学 | 16:00:09 | Trackback(0) | Comments(0)
ガラス風鈴
7月19日(

曳山会館へ「定期公演」のチラシを貼りに行った帰りに、前から行ってみよう思っていた風鈴展(?)今日からだった・・・と思い出し、お向かいのじょうはな織館さんへおじゃましました。

ほんとの名称は、「がらす風鈴とてぬぐい展」でした。7/19~29(火)まで開催しています。

自動ドアを開けると、スタッフの方が出迎えて下さいました。
ちょうど掲示板に何か書いていらっしゃるところでしたね。

入って奥のギャラリーにいくつ位でしょうか?40個でしょうか、もっとですかね?たくさんの風鈴並んでました。風鈴効果で、じょうはな座からのたった2、300メートルの距離を歩いただけなのにすでに汗だくだったのが、気分的に涼やかーになりひんやりさっぱり汗がひいていくような気がしつつ、やっぱ夏は風鈴の音だよなぁとおばばくさいことを思いながら、1つ1つ違う形の風鈴を眺めていました。

ふと顔を近づけてみたら値札が。スタッフの方に買えるんですか?と聞いたところ、買えますよとのことだったので、それじゃぁ1つじょうはな座に買っていこう!と思い、あつかましくも全部の風鈴の音を出してみてお気に入りの音を探し出し、購入。ヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノ


じょうはな座に帰ってすぐさま取り出し、ヒートンを付けてもらってセット完了!

DSCF0610.jpg

夏のお出迎えの受付嬢になってもらってます。自己満の世界ですが・・・。




しかし!Σ(´Д`;) 風が無く、揺れません。音が出ない・・・。
さみしく団扇で扇ぐもその時だけ。

自然に音が聞きたい!
あんなに選んで買ってきたのに・・・。。・゚゚(ノД`)


 

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 17:22:14 | Trackback(0) | Comments(0)
あちゃ~・・・
7月17日(木)

とうとうやっちゃいました・・・。1ヶ月間放置・・・。

トップページのは何じゃ、広告かいな?
こんなのいつの間に設定したけ?と思いよくよく読んでみると、1ヶ月間更新しないブログに自動的?に載せられちまうのですね・・・。はい、悪いのは私です。ハイ・・・反省です。

とりあえずこんなしょうもない記事でとりあえず更新ですが、これから気を取り直して1か月分の更新をどわーっと(希望)していきたいと思います。





そのうちこの記事消すかも・・・。

 

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 19:53:40 | Trackback(0) | Comments(0)
じょうはな名画座
7月14日(月)


ようやくの開催です、じょうはな名画座! ふーゝゝ(゜ε゜;) 
前年度からは約4ヶ月の間が空いていましたが、
今月からまた来年の3月まで、月1ペースで懐かしの映画から最新作まで上映しますよ。

お楽しみに!


さてさて今日は今年度第1回目の名画座。
上映作品は「ビルマの竪琴」、1956年製作のオリジナルの方です。
名画座の再開を楽しみにしていた方がたくさんいらっしゃったようで、日が近づくにつれ問い合わせの件数も微々たるものではありますが増えてきました。ありがたいですね。

見学においでたお客さんも催事場にあるポスターを観て、羨ましそうにここでこんなのやってるんですか?と聞かれることも多いです。「なんでうち(お客さん)の近くではやらないんだろう」とも。
んーなんだかんだで1コイン映画は魅力的なんだなぁ。


今回の上映では、1回の入込数が今までの記録を破り1位となりました。
まだまだ満席には程遠いものがありますが・・・。
けれど、1回目としては好発進なんじゃないですか?これで勢いづいてくれるといいですね。




次回の名画座は、↓↓↓


上映日 平成20年8月11日(月)
      ①14:00~②19:00~の2回上映
入場料 1コイン・500円!/1回

上映作品 「あゝひめゆりの塔」(1968年製作)
        出演:吉永小百合、和泉雅子、浜田光夫、他


お問い合わせ・・・ じょうはな座 TEL0763-62-5050まで

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 22:23:29 | Trackback(0) | Comments(0)
特別公演+祭のしつらい講演会 レポ
7月5日(土)

朝からあっつい日になりましたね。(´Д`;)
こんなに暑い日にならんでもと思いますが・・・。←しゃあないわいね。

7月5日といえば何でしょう?なんて嫌になるほど聞かれたと思いますが、あえての質問。
  ↑  といえば何でしょう?

そうですよね。東海北陸自動車道の全線開通日です。
じょうはな座でも(他の規模に比べたらあかんよ)記念のイベントやりました!
庵唄の特別公演(日本舞踊とのコラボ付き)と↓写真の本を出された先生方の講演会の2本立て。

DSCF9908.jpg

特別公演は「城端庵唄保存会」の皆さんと「正派若柳流菁佳会」の出演。
講演会の講師は↑の写真の西岡陽子先生と碓田智子先生のお2人です。
今まで何度も城端の曳山祭にお越し頂いていたということで、町の方にも幾度となく目撃されているとか。皆さん顔なじみなんですね。

知らなかった (゜□゜;)))



開会は夜の7時から。

DSCF0356.jpg   DSCF0376.jpg

城端の皆さん聞きなじみの「庵唄」で幕開けです。
まずは、「夜廻り囃子」「夕暮」を披露。いつ聞いてもしっとりいい曲です。お祭が近くなくてもこの曲を聞くと心がうずうずします。←私だけではないはず!
そして城端の皆さんには馴染みのない「庵唄」と「日本舞踊」のコラボで「手鏡に」を披露。ほとんどの方が初めて観たんじゃないですか?もともとの流れが端唄の庵唄は、こういう風に踊りも付ける事が出来るんですよ。


さてさて特別公演も終わりお待ちかね、2人の登場です。
講演会ではお1人づつお話をされ、西岡先生は城端のお祭と他の祭との山や鉾の比較、碓田先生はお祭までのこしらえ方と今までの祭の移り変わりをお話されていました。
全通記念といって誰でも入場できるとしていましたが、城端の方に来てもらいたかったっていうのが本当のところですね。地元以外ではよほどの興味がないと聞きに来ない内容だったかもしれません。改めて自分の所のお祭を知る、しかも外からの目から見直る機会だったように思えます。
ありがたい機会を頂けてよかったと思います。曳山の保存会さんには感謝です。ありがとうございました。

DSCF0388.jpg




講演会終了後には、講師の方が自らの書籍を販売されサインまで!
ちょっと写真がピンボケで分かりづらいですが・・・。

DSCF0394.jpg  

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 22:24:01 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。