■プロフィール

じょうはな座スタッフ

Author:じょうはな座スタッフ
富山県の南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」。

簡単に言うと町の文化会館です。
(施設の中心であるホールは400席のこじんまりとした客席、その他にも練習や会議にお使い頂けるお部屋もございます。)


平成17年の8月末にオープンしてはや11年目の年に突入です。城端にお越しの皆さまの思い出が少しでも楽しいものとして残るよう、じょうはな座も精一杯務めたいと思います。そしてじょうはな座で思いっきり楽しんでお帰り頂けるような催しの企画・運営をしていきます!




※写真等の無断掲載・転送はお断り致します。

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
消防設備の点検
消防設備点検がありました

せまい事務所に業者の方が、ギュウギュウです。申し訳ないです・・・。

20070201142317.jpg

報知器の確認など色々しておられました。

20070201143004.jpg

これは、正面の防火シャッターが降りてきているところです。
初めて見ました!


今日も異常無し。
ご苦労様です。ありがとうございました

スポンサーサイト

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 14:32:43 | Trackback(0) | Comments(0)
大道具!
2日目の研修です。要項の通り大道具の制作実習でした。

今日もまず、デザインを考える所からです。
デザインのテーマがありまして、それにあった床置き大道具を各自で考えます。
テーマは、「さくらさくら」「荒城の月」「子守唄」の3曲をピアノと琴の演奏にのせて唄うステージの演出、ということでした。テーマに沿って好きにデザインして良いという事でしたが、この3曲を表現するのはなかなか難しいです・・・。特に「子守唄」。抽象的なイメージって何だろうと思いながら描いていましたけど、結局わかりませんでした。

デザインが出来ると、20分の1の大きさの模型を作ります。
各々が作った20分の1模型を、これまた20分の1ステージの模型に置きながら、皆にプレゼンです。その中から、テーマに沿っていて、尚且つ2時間という制作時間で出来る物を3つ選び、実際に作ることになりました。(じょうはな座のスタッフ3名の案は残念ながら、採用されませんでした・・・。)

さっそく3つのグループに分けられ、制作開始です。

偶然にも私たちが作ることになった大道具は、地元城端の呉服屋さんの奥さんがデザインされた物でした。舞台の中心に大きな枯れ木が配置されて、その枝に淡い色の衣がかけてあるというデザインでした。イメージは「庭」だそうです。
まず、木を作るのと布を染めるパートにわかれました。2時間しかないので効率よくしないと間に合いませんそこでじょうはな座スタッフは木を作ることになりました。

まず発泡スチロールの様な軽い材質のパネルを使い、木を描くことから取り掛かりました。
15cm程の模型の木は実際の大きさになると3mです。そんな3メートルもの大きさの木を模型どおりにフリーハンドで20倍することはなかなか出来ませんよね。そこで、模型の木をかたどって紙に写し、基準を決めて1つ1.5cmのマスを描きます。同じようにパネルにも1.5cmを20倍した、1つ30cmのマスを描きます。もうお分かりですよね。その紙に写した模型の線がマス目を通る所と同じようにパネルのマス目にも描いていけば、同じ木が描けますよね。
すみませんまるで知ったように書いていますけど、この方法は舞台の大道具を製作しておられる方に教えてもらったものです。こんな方法は思いつきませんでした。単に木のパーツを作って組み合わせればいいのでは?と思っていましたから。
何はともあれ、パネルに描き、カッターで切って、切って描いて切って・・・、をくり返しながら木のベースが出来上がりました。そしてこれを組み立てて色を付けていきます。スプレー缶で緑・茶・黒・赤・黄の色をシュー!っと。あまりにも多くやりすぎたので、作業場が霞んで見えるほどスプレーが舞い上がり、色んな所にうっすらと色が付いてしまいました。ごめんなさい・・・。しかもガスで皆さん喉がやられたようで、あちらこちらからゴホゴホと聞こえてました。マスクをしないといけないなと反省しました。

この他にも色んなハプニングがありましたが、組み立て・色塗りも終わり、場所を移動しリハーサル室で骨組み枠の制作です。
木材を使い、パネルの木を立てるために補強します。強力な両面テープを使い、木材とパネルの木を接着します。幹と枝に骨が出来たら、次は人形立てを作ります。
人形立てとは、パネルやセットが倒れないように後ろから釘やネジなどで止めて支えるL字や三角定規のような形の木枠のことです。
これを作るのにこのパネルの木を初めて起こしたのですが、すごく大きくてびっくりしました!寝かせていた時は全然大きく感じなかったのですが、起こしてみると大きさがはっきりとします。自分の背よりはるか上でした。
色々考えていても作業は続きます。人形立ての位置を決めて、ネジで止めます。床がフローリングだったので支えていても滑って大変でしたが、ようやくパネルの木が自立しました。
自立したときに、何か自分たちで作ったという実感が湧いてきて作業していた6人で大人気なくちょっとはしゃいでしまいました。でも本当に嬉しかったですね!こんな大きな物を!という感じで。

喜んでいたら、他の2つの大道具も出来上がったようでリハーサル室に運びにおいでました。
そこで、講師の先生が実際に舞台に置いてみたら?といっておられたので1番のりで置かせてもらいました。

20070201160601.jpg   20070201160813.jpg

木を置いて、緑やピンクに染めた布を置くと出来上がりです。
こんな感じに、出来上がりました!!
ちょっと木が大きくなってしまいまして、枝にかけた布が寸足らずになりましたが良しとします。初めて作ったにしては良いんでないですか?

20070201161750.jpg

他の2つも同様に置き、実際に見てみました。1つは自立する所まで聞かなくて後ろで支える役をしていたので、残念ながら写真が撮れなかったのですが、どれもよく出来ていたと評価して頂きました。
それぞれ事務局の方に、作ったのものの前で記念に写真も撮ってもらいました。


2日間参加して本当に勉強になりました。それに色んな体験ができて面白かったです。いささか美大のオープンキャンパスに来たように思えたこともありましたが・・・。高校生から60代程までの人が参加されていたので、ほんと色んなデザインやアイディアを見ることができ、頭の中が広がったように思えます。以外と大掛かりなセットもそれなりに作れるということもわかりましたし。

この研修会は毎年開催されているようなので、また行ってみたいと思います。
私たちのようにこの仕事についているような人のみが対象なわけでは無い様なので、興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか?舞台の見方が変わるかもしれませんよ



あっ、もちろん作った物はバラシて持ち帰ってきました。小さいパーツになって倉庫で出番を待っています。デビューはいつになりますかね。あはは。

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 18:32:11 | Trackback(0) | Comments(0)
講義・実習
呉羽にある「富山市民芸術創造センター」であった、「舞台技術講習会」に参加してきました

2日間ありまして1日目は舞台衣裳や舞台小道具の製作実習、2日目は床置き舞台大道具の制作実習、と、公文協の方から送られてきた開催要項にありましたので、これからの為に行っておこうかなということで申し込みました。

今日は、1日目の衣装と小道具。
「何をするのかなぁ」と一緒に行ったスタッフの方と、今日の研修内容の想像話を車の中でしながら、初めて行く会場への地図片手に盛り上がっていました。


受付を済ましてもらった資料に目を通していると、今日の実習は染物とありました。

染物?染物をするのですか・・・?

小道具とか衣装とかの制作なのでは?あれ?と、思いました。(正直にいうと)
てっきり小道具の説明とか衣装についてとか、そういうのをするんだと思い込んでいましたから。

でも、違ったなんて言っていられないので、来たからにはきちんと参加して仕上げましょう!
今回染めたものは、「スカーフ」です。
30×130のサイズのシルクを1人1枚もらって、これに染めるデザインを考える所から始めました。
染める方法は何通りか紹介されていて、各自考えたデザインからそれにあった手法を教えられ、染めていきます。私は、全てエアブラシで染料を吹き付けていくという方法でした。
その他にも、溶かした蝋で絵を描いてから染める方法(蝋で描いた所は染まらない)と、桶に染料を溶かしてそれに布をひたす方法(むら無くきれいに染まる)、水に浮いた染料を布ですくう方法(まだら模様に染めたいとき使う)などがありました。

デザインと手法が決まると、今度は染める柄の型作りです。実際の大きさの型を作らなければいけなかったので、時間がかかりました・・・。
型が出来上がると、スプレーのりで貼り付けます。貼り付けが終わったらやっと染める段階です。
思った色のサンプルを見ながら染料を作って、エアブラシにセットして吹き付けるのですが、これがまた難しい・・・。加減がなかなか掴めません!
ドバ!っとでたり、詰まったり・・・。 イー !! と思うことがしばしば・・・。すみません根性が無くて。
ですが作業をしているうちに真剣・本気モードになってしまい、あっという間に時間が経ちました。
楽に思っていましたが、結構手間がかかり結局最後の最後まで吹き付けてました。

まぁ出来上がりは、&%≠£@ゴニョゴニョ・・・で何とも言えませんが、なかなか出来ない事をさせてもらい本当に良かったと思います。

あと明日1日、行ってきます !!!  明日は、大道具!

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 18:52:48 | Trackback(0) | Comments(0)
じょうはな座定期公演
今日は庵唄の定期公演でした。
出演は「庵唄保存会 川田社中」と「菁佳会」の皆様です。

あいにくの天気になってしまいましたが、ちらほらとお客さんも観においででした。

今日の演目は、
  1、夜廻り囃子
  2、庵唄「薄墨」
  3、休み囃子・初段
  4、庵唄「宇治茶」
  5、庵唄「重ね扇」←踊り入  の、5曲でした。

20070127161054.jpg   20070127161059.jpg

まず始めにスライドで城端の町の紹介をいています。そして次に夜廻り囃子と庵唄の「薄墨」です。

20070127161106.jpg   20070127161124.jpg

休み囃子の初段と庵唄の「宇治茶」です。

20070127161135.jpg

庵唄の重ね扇です。この演目には踊りが入りました。


今日も素晴らしい唄と踊りを披露していただきました
観においでたお客さんもお座敷におるみたいやと言って下さいました。
本当にありがとうございました。 

次回の定期公演は、2月24日(土)です。

是非、お越し下さい!!

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

定期公演 | 16:17:31 | Trackback(0) | Comments(0)
庵唄定期公演
明日は、年が明けて最初の定期公演です。演目は「庵唄」です。

今日も20時から明日の本番に向けて「庵唄保存会 川田社中」と「正派若柳流 菁佳会」の方々がリハーサルにおいでました。

庵唄とは、5月の城端曳山祭の時に唄われている端唄の一種です。
城端独自のもので、他では聴くことが出来ません。

明日の演目は
  1、夜廻り囃子
  2、庵唄・薄墨
  3、休み囃子・初段
  4、庵唄・宇治茶
  5、庵唄・重ね扇←踊り入 の、5曲になります。


これは今日の練習の様子です。

20070126210332.jpg   20070126210316.jpg

今日も練習を観にお客さんがいらっしゃいまして、券ありますか?と尋ねておられました。


明日の定期公演は午後1時30分開演です。
皆さん是非、お座敷遊びの雰囲気を楽しみにいらしてください!!


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

定期公演 | 21:07:46 | Trackback(0) | Comments(0)
そういえば!!
NHK総合の「小さな旅」に出演しておられた
織物作家の‘山下郁子’さんの作品を、じょうはな座に開館した時から飾らせて頂いています。

20070124135714.jpg


作品名は「木精」(こだま)です。


じょうはな座西側スロープの展示スペースに飾ってあります。
催し物や祭などでお越しお客様の中では評判で、私たちスタッフとの話の種になるんですよ。


雑記 | 13:57:47 | Trackback(0) | Comments(0)
再々放送でしょうか・・・?
NHK総合の「小さな旅」をようやく観ました。

え?城端に住んでおきながら・・・?観るのが遅いって?

・・・・・・・・。
まぁそんなこと言わないで下さい。


しかし、(テレビって)すごいんですねぇ。
私は今日観たのですが、1月12日(金)の先行放送から今日で1週間とちょっとですよね?昨日じょうはな座にお越しくださったお客さんの中に放送をご覧になっていたお客さんがいらっしゃいました。

少しはずれのじょうはな座にもお越しなんですから、たぶん町の中はお客さんがもっと多かったんでしょうね。


小路といえば幼稚園とか小学校の時に、友達の家へ行く時とかお稽古の帰り道とかに少し寄り道をして通った覚えがあります。あの頃は清部さんがおっしゃっていたように、どこまでも面白いように細い道がくねくねとあるので、その頃はワクワクして友達と探検して遊んでいました。

そんな頃もあったのに、今では車で通り過ぎてしまいます・・・。

テレビに映っている路がどこなのか分からないものもありました。

今城端ガイドさんの機の声の方々が、観光客の方々にこのような小路を案内されているようです。そのうち観光客の皆さんの方が小路について詳しくなってしまうのでは ?!! と、事務所で話になりました。

これから、小路を巡りたいというお客さんが増えることになると思います。(願)そんなときに、小路のご案内ができないという様なことが無いように見直していかないといけませんよね。

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 15:20:03 | Trackback(0) | Comments(0)
ホール技術職員研修会
福井の越前市文化センターで行われた「文化施設技術職員研修会」に参加してきました

2日間の研修会では、ホールの安全管理や危険予知、基礎的な舞台照明の扱い方、日常点検の行い方、舞台機構・幕・備品等の取扱説明及び設営実習、綱元操作等々・・・・・、様々に学びます。
言ってしまえば新人研修のようなものですね。

講義は基本といいながらも理解しづらいマニアックな話もありましたが、色々と舞台について解ることが出来ました。

20070120153011.jpg   20070120153038.jpg

写真は実習の様子です。
いつも舞台を作ったり照明を吊り込んだりするときは、うちの技術職員に逐一指示を出してもらいながらしていたんですが、講義のおかげで(専門的なことはまだわかりませんが)しくみを大体ではあるんですが、頭の中に入れることが出来、考えることを覚えました。

まだ色々と研修会のことを書きたいのですが、写真が無い上にネタがたくさんありすぎてきりがないのでここでおしまいにします。

最後に・・・。
参加して本当に為になりました。(当たり前なのですが・・・)
研修には北陸の文化施設の職員で、技術のキャリアが長い職員の方もいれば、私のように舞台には殆ど関わったことが無いような事務職員の方の参加もありました。ですので、研修会の講義や実習はもちろんなのですが、技術のキャリアが長い方からはそれぞれ経験してこられた話を、事務職という同じ立場の方からは、会館運営に携わる中で日々思うことや考え方などを聞くことが出来たのも、こういった研修会ならではの収穫だと思えます。

また、こういった研修会があればぜひ参加したいと心底から思いました。

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

雑記 | 16:17:56 | Trackback(0) | Comments(0)
第14回 となみ野芸術祭
まだ少し先なのですが、「第14回 となみ野芸術祭」の詳細が決まりましたのでご案内します。


日時は平成19年3月4日(日)、開演は午後1時です。(開場は12時30分)

入場料は無料です
入場整理券などは、発行しませんので当日そのままじょうはな座へお越し下さい。

20070117142616.jpg


≪出演団体≫ ※五十音順

城端庵唄保存会川田社中   南砺市・庵唄
井口雪椿会            南砺市・民謡
越中おわら風音会        南砺市・民謡
五箇山深山会           南砺市・民謡
正派若柳流 菁佳会       南砺市・日本舞踊
利賀光風会            南砺市・詩吟
利賀千翔会            南砺市・謡曲
砺波市宝生会           砺波市・能楽
なでしこ会堅香子の会      南砺市・民謡
花びらの会            南砺市・大正琴
福光邦楽会            南砺市・邦楽
福柳会               南砺市・日本舞踊
藤美会               砺波市・日本舞踊
丸美会               砺波市・民謡
もみじ民謡会           南砺市・民謡
夜高太鼓保存会         南砺市・太鼓


主催/第14回となみ野芸術祭実行委員会・となみ野文化事業連絡協議会
共催/砺波広域圏事務組合・となみ衛星通信テレビ株式会社・株式会社エフエムとなみ
後援/南砺市・砺波市文化協会・城端芸能協会・庄川芸能協会・福野文化協会・福光文化協会
     平文化協会・利賀文化協会

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

催し物 | 14:45:04 | Trackback(1) | Comments(0)
定期保守点検報告書
ホールの定期保守点検が終わりました。
13・14日として頂きまして、点検の結果は今回も異常なしとの事です。

よかった~

まぁ、何かあっては困るんですけど・・・


業者の皆さんお疲れ様でした。また、よろしくお願いします



雑記 | 16:28:43 | Trackback(0) | Comments(0)
満開です!
正面のお花が満開です

1月5日(金)に活けて頂いた時には、まだつぼみがたくさんでしたが、今はこんなに咲いています。

20070113160037.jpg

お花を活けてくださったお師匠さんは、「大体1週間したら見ごろやね。」と言っておられました。
本当にその通りです
しかも今日、じょうはな座にお越しのお客さんが写真を撮っておられました。


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

展示 | 16:05:21 | Trackback(0) | Comments(0)
じょうはな座「定期公演」
じょうはな座では毎月第2・4土曜日(12月~3月は月1回)に、春の曳山祭の「庵唄」と、秋のむぎや祭の「むぎや踊り」を年中楽しめるようにと、定期公演を行っています。


日 時   毎月第2・4曜日(12月~3月の冬季期間中は月1)
       開演/午後1時30分 (開場は午後1時)

鑑賞料   お1人/1,500円(中学生以下は無料です)
       団体料金/1,300円(15名以上)
       ※どちらも、城端曳山会館の入館券が付いています。

*演目と出演団体の案内です
  ・1月27日(土)  庵唄定期公演
              出演:庵唄保存会川田社中、菁佳会
  ・2月24日(土)  庵唄定期公演
              出演:庵唄保存会川田社中、菁佳会
  ・3月24日(土)  庵唄・むぎや定期公演
              出演:東上町(庵唄)、野下町(むぎや)



庵唄公演では、三味線・篠笛・太鼓の情緒豊かで典雅な音色のお囃子に始まり、今に伝わる数十曲の庵唄の中から選りすぐりの唄をお聴きいただきます。映し出された曳山の提灯が幻想的な雰囲気をかもし出し、華麗ながらも荘厳な曳山祭の気分に浸っていただけます。

20070113112042.jpg   20070113112328.jpg   20070108210400.jpg

また、新たな試みとして庵唄にのせて踊るという演目も追加いたしました。色っぽい恋の唄にあわせ艶麗に踊ります。


むぎや公演では麦屋節はもちろん、こきりこ節や古代神といった五箇山民謡を中心に、若い男女が往時のままの衣装をまとい、手にはすげ笠といったいでたちでステージに立ち、素朴でどこかもの哀しい心情を表した歌詞と調べにのせ踊りを披露いたします。

20070108210409.jpg   20070108210416.jpg

鑑賞後、出演者に手ほどきをして頂き、共にむぎやを踊る「踊り体験」の時間も設けてあります。ぜひ一緒に踊りましょう

DSCF2428.jpg


定期公演などのお問合せは、南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」までお願い致します。
TEL 0763-62-5050、FAX 0763-62-5056 です。
※3月以降のスケジュールはじょうはな座HPのイベント案内で紹介していますのでそちらをご覧下さい。
 (ブログでも順次紹介いたします。)




テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

定期公演 | 11:52:58 | Trackback(1) | Comments(0)
MC研修会
MC研修会がありました。

じょうはな座では、月2回先生をお呼びして話し方の基本や立ち振舞い、アナウンス原稿の組み立てなどを学んでいます
私たちスタッフは公演などで司会や場内アナウンスをする場面が意外とあります。ですがそういった事を勉強したりしたことのあるスタッフはここにはいません。開館した当時は、緊張しっぱなしでそんな話し方や発音などに気を配れるほどの余裕がありませんでした。とにかく本番まで原稿を組み立て、考えた文章をひたすら読むしか・・・。ですが1年半経って(すごく遅くて申し訳ないのですが・・・)やっと人前で話すことに少し慣れる事ができ、お客さんへの言葉づかいや振る舞い、自分の言葉の癖、発音の悪さなどに気付きました。しかし、気付いは良いのですが今度はどう変えていけば良いのかがわかりません。自分なりに変えてはいるものの、工夫すればするほど深みにはまっていきました。そんなこんなで色々事務所の中で相談していると、近くにフリーのアナウンサーで色んな場での司会をしておられる方がいらっしゃるということで講師を頼んでみようかということになり、昨年の12月からMC研修会をするようになりました。

そして今日は3回目の研修。
司会者としての心得や発音、表現の基本、好ましい態度などを前回までに教わり、今回は言葉づかいの見直しです。
12月の研修会で場内アナウンスを自分なりに作り直してくるのと、じょうはな座のPR入り自己紹介を作ってくるという宿題が出されていました。その宿題を1人ずつ読み上げて先生に添削していただき、自分の普段使っている言葉を正してもらいます。先生と他のスタッフの前で言うまで、おかしい箇所はわからないものなのですね。人前で声に出して言うのとパソコンに向かって文章を打ち込むのでは全然違うことに気付きます。言ってみるまで、これで良し!と思っていましたから(恥)
先生には、「話し言葉」と「書き言葉」に気を付けないと相手には伝わるものも伝わらないよと言われました。確かに。納得です。カチカチの文章では講義を受けているようで頭に入らないですもんね。その上、普段自分が使っている言葉に慣れてしまって、この文章には他の言い回しをしないといけないのにも気付かずおかしな敬語を使っていたり・・・。ほんと自分の国語力の無さに呆れてしまいました。でも、こんなにボロボロな文章でも先生は必ず1つは褒めてくれるし、わかりやすく例を出してくれるんです。それが正直嬉しいのと、すごく勉強になるし、突っ掛かったものを払い除けてくれます。ここでは自分の国語力の無さを味わう時間でもあるのですが、それ以上に自分の為になる時間でもあります。実際言葉づかいに気を使い、1度考えて整理してから物を言う様になりました。(これでもね)

これで全6回のうち、3回の研修会が終わったのですが全て終わったときの自分が楽しみですね。これからどう変わっていくか。
しっかり、学んで身に付けたいと思います! がんばるぞー!! オー!!!


雑記 | 17:32:12 | Trackback(0) | Comments(0)
新成人の皆さん、おめでとうございます!!
本日、じょうはな座で城端地域の成人式が開催されました

あいにくの雨風と雷の天気だったのですが、紋付や振袖、スーツ姿の新成人が次々とじょうはな座にやってきます。

20070107150810.jpg

式典が始まる前には、久しぶりにあう友人や恩師の方とおしゃべりをする姿があり楽しそうです

城端地域の新成人87名が出席し、式典では溝口市長、河合参議院議員、岩田県議、大西議長から祝辞を賜りました。

20070107150954.jpg  20070107151103.jpg

新成人の皆さんは真剣に聞き入っていました。晴れて成人の日を迎えた実感が沸いたのではないでしょうか?

新成人代表の誓いの言葉と記念品の贈呈が終わると式典は終了です。
続いて祝賀行事に入りました。祝賀行事では、小・中学校の思い出写真のスライドショーが行われました。懐かしい自分の写真が映ると、皆照れくさそうに笑っていましたがすごく楽しそうでした

20070107151337.jpg  20070107151431.jpg

スライドショーの後は、交通安全宣言と20歳のメッセージ。

20070107151742.jpg  20070107151752.jpg

両親や友人など周りの人への感謝、仕事の厳しさとやりがい、夢への再挑戦などの決意が新成人の口から出ると親御さんでしょうか、涙を流しておられる方がいらっしゃいました。

最後に記念撮影をして終了です

20070107152000.jpg  20070107152009.jpg

親御さんも必死になって写真を撮っておられました。

この後、桜ヶ池クアガーデンで祝賀パーティーなんだそうですですが飲酒運転防止の為、お酒は出ない席なんだそうな。成人を迎えたのですが、酒席はもうちょっとおあずけですね。

新成人の皆さん、本当におめでとうございます!!

催し物 | 15:30:37 | Trackback(0) | Comments(0)
南砺市消防出初式
今年は城端地域が会場で、ここじょうはな座で式典が行われました。

はじめに、閲団。
南砺市の消防団各方面団及び関係機関の方々522名が、じょうはな座前に整列されました。
とても見ごたえがありました。

DSCF3503.jpg

心配していたお天気の方も、今のところは大丈夫です。

閲団が終了し、放水隊の方々が城端別院善徳寺へ移動。
その間にこちらも式典にむけて、スタンバイしてます。
*初放水(裸放水)がんばって来てくださーい!!*

少し雨がパラついてきて、初放水が終了した頃からだんだんと大きくなってきましたが、分列行進では、皆さん凛とした姿勢で素晴らしい行進でした。

その後、じょうはな座ホールで式典が行われ、多年に渡り消防活動に携わってこられた各方面団の団員及びそのご家族の方の表彰が行われました。
155名の方に表彰状、感謝状が渡されました。

DSCF3530.jpg  DSCF3532.jpg

実際に、消防活動は、雨の日も風の日も関係なく出動され、本当に感謝感謝で頭があがりません。
いつもありがとうございます

関係の皆様、今日はお疲れさまでした。
どうぞ、カゼをひかないようゆっくり休んでください


催し物 | 16:00:59 | Trackback(0) | Comments(0)
正月仕様のお花
新年を迎えてじょうはな座のお花が新しく正月用になりました

20070104181353.jpg   20070104181405.jpg

すごい立派でびっくりしました。背丈以上あるんですよ!!大きいのですが、近くで見ると後ろとかみえないところにも細かくお花が活けてあってきれいです

城端の草月流のお師匠さんとお弟子さんの5人に活けて頂きました。
↓このように脚立に乗って活けておられたんですよ。

20070104181331.jpg

持っておいでたたくさんの材料をのこぎりで切ったり、ワイヤーで括りつけたり、ネジで止めたりして、かなり大変そうです。

20070104181224.jpg   20070104181342.jpg
↑土台(?)づくりの最中。  ↑水引をかけて最終チェックです。

余ったお花でここにも活けて頂きました

20070104181237.jpg  20070104181305.jpg  20070104181316.jpg  

本当にいつもきれいなお花ありがとうございます。
季節にあったお花を活けてくださるので、展示物のないじょうはな座には唯一の物なのですごくありがたいです。見事なお花なのでお客さんにも「このお花どちらの方が活けてられるの?」と聞かれる事があります。
じょうはな座の近くにお越しの際は、是非見にいらしてください


雑記 | 15:44:17 | Trackback(0) | Comments(0)
新年・・・
新年、明けましておめでとうございます
少し遅い挨拶になりましたが、今年もよろしくお願い致します。

じょうはな座は今日から仕事始めです。

今日は天気がすごくいいですね 相変わらず寒いですけど。じょうはな座の新年1回の催し物は6日の消防出初式です。今日と明日は天気がいい予報になっているのですが、その6日は天気が崩れるそうです・・・新年早々天気の心配なんて・・・でも降る時は降るんだから、ここでごしょごしょ言っていてもしょうがないのですよねぇ。去年は大雪ですごかったので、雪がない分いいのかな?

雑記 | 12:01:01 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。